敏感肌テスト、 2006年

試験センター

フューチャー・コズメティックス、プレトリア、南アフリカ

目的

バイオオイルは、敏感肌を持つ被験者に、肌の不快感を与えるかどうかのテスト。

対象

被験者: 21人の参加者。18歳から65歳。選出基準: 敏感肌を持つことが確認されている被験者が選出され、正の比較対象(乳酸)を適用して敏感肌の状態を確認。

方法

無作為で管理下。3つの部分が検査された: 脱イオン処理された水が塗られた部分(負の比較部分)、バイオオイルが適用された部分、1%のラウリル硫酸ナトリウム水が適用された部分(正の比較部分、肌に不快感を与えることが知られているもの)。試験製品は前腕部の裏側にパッチで適用され、24時間後に取り外された。24、48、72、96時間後に肌の反応が検査され、記録された。化粧科学者が検査実施期間中同席していた。肌の反応は0-4の段階(0は無反応、4は強い赤みを帯びた反応)で評価された。

結果

バイオオイルは、敏感肌を持つ被験者の肌に、不快感を与えない製品であることがわかった。バイオオイルから不快な反応が経験された被験者は、一人もいなかった。バイオオイルからの96時間に渡る平均反応値は0.03.バイオオイルは脱イオン処理された水(負の比較部分)よりも、よい結果をもたらした。