きず跡の研究 2005年

試験センター

南アフリカ医大光生物学研究所

目的

きず跡の見た目の改善に関する、バイオオイルの効果を調査すること。

対象

被験者: 女性22人、男性2人の参加者24人。参加者の年齢: 18歳から60歳。きず跡の年数: できたばかりのものから3年まで。きず跡のタイプ: 軽いやけどから手術跡まで(12の重度なものと14の軽度なもの、被験者の1人には3つのきず跡があった。

方法

実験者に知らせない盲検法、無作為で管理下。同一人物内での内部比較検査。被験者には対照的なきず跡があるか、半分のみを適用できるほど大きなきず跡がある。製品は1日2回、12週間に渡って目的とされる局部に適用された。適用は管理下の元、定期的に行われた。評価は0、4、8、12週目に実施された。

結果

バイオオイルは、主観的、客観的評価の双方にて、きず跡の見た目を改善することができた。65%の被験者が4週間で見た目の改善を記録。