肌の老化に関する研究、2011年

試験センター

Thomas J. Stephens & Associates, Inc.、テキサス、アメリカ合衆国

研究 1: 顔と首

目的

顔と首に軽度から中程度の光線性障害(老化)のある皮膚を持つ女性の肌のシミと斑状の色素沈着の見た目の改善に関する、バイオオイルの効力を評価すること。

対象

被験者: 顔と首に軽度から中程度の光線性皮膚障害があることが医学的に証明された、さまざまな人種の女性参加者67人。 35人の被験者にバイオオイルが適用され、32人の被験者には無適用。参加者の年齢は30歳から70歳。

方法

無作為で管理下、そして効力の評価者に知らせない盲検法。被験者には最初の採用検査に参加した後に、1週間の洗浄期間が与えられた。製品は1日2回、管理下の元10週間に渡って定期的に適用された。0、4、8、12週目に、臨床評価が実施された。被験者は顔と首それぞれの肌のシミと斑状の色素沈着に関する臨床的な評価を受けた。全体的な見た目、細かい線、粗いしわ、斑状の色素沈着、肌のシミ、見た目の粗さとスムースさ、触知的な粗さとスムースさ、はりのある外観、そして健やかさ(重苦しさ)が 効果のパラメーターとして評価された。

結果

バイオオイルは、顔と首の光線性障害(老化)のある肌の全体的な見た目を改善することに効果的であった。8週間後には臨床的に評定された効果の全パラメーターにおいて統計上顕著な結果を示した。 12週間後には、バイオオイルが適用された被験者グループの94%が顔の全体的な見た目に、80%が首の全体的な見た目に統計的に顕著な改善を示した。

研究 2: 体

目的

上半身、足、そして腕に軽度から中程度の光線性障害(老化)のある皮膚を持つ女性の肌の見た目の改善に関する、バイオオイルの効力を評価すること。

対象

被験者: 上半身、足、腕に軽度から中程度の光線性皮膚障害があることが医学的に証明された、さまざまな人種の女性参加者67人。 35人の被験者にバイオオイルが適用され、32人の被験者には無適用。参加者の年齢は30歳から70歳。

方法

無作為で管理下、そして効力の評価者に知らせない盲検法。被験者には最初の採用検査に参加した後に、1週間の洗浄期間が与えられた。製品は1日2回、管理下の元10週間に渡って定期的に適用された。0、4、8、12週目に、臨床評価が実施された。被験者は上半身、足、腕それぞれの肌のシミと斑状の色素沈着に関する臨床的な評価を受けた。全体的な見た目、表面上のしわ、乾燥とはがれ、見た目の粗さとスムースさ、触知的な粗さとスムースさが 効果のパラメーターとして評価された。

結果

バイオオイルは、体の光線性障害(老化)のある肌の全体的な見た目を改善することに効果的であった。4週間後には臨床的に評定された効果の全パラメーターにおいて統計上顕著な結果を示した。 12週間後には、バイオオイルが適用された被験者グループの89%が上半身、足、腕の全体的な見た目に統計的に顕著な改善を示した。